Uncategorized

《一歳の誕生日》地方で異なる!一升餅を背負うか踏むか

昨日、娘の誕生日会をしました

ちなみに今日が誕生日です

一歳の誕生日というと一升餅を背負うという儀式が一般的なところが多いのではないでしょうか?

SNSやインターネットで検索してみても、一升餅は背負うのが一般的のようで

多くの家庭では一升のお餅をリュック等に入れて子供が背負っている体験談が多く書かれてました

 

しかし!

私の住んでる地域では、昔からわらじを履いて一升餅を踏むという儀式が一般的なようです

これは九州地方限定になるのかな?宮崎長崎はこの伝統でした

むしろ私の場合、背負うということを聞いたことがありませんでしたw

どちらの儀式であっても「食べ物に一生困りませんように」という願いが込められています

 

 

さて、話は戻って娘の誕生日会の話ですがお餅はお餅つきで出来立てを用意しました

前の晩からもち米をお水に浸しておいて、次の日に餅つき機のスイッチオン!

ものの30~40分で出来上がりました(写真は2升分です)

そのお餅をもちとり粉(片栗粉・コーンスターチでも可)を大量にまぶしておいたお皿に移します

またその上からもちとり粉を大量にまぶして形を整えれば完成です

とても熱いのでいっとき放置して(その間にお餅の表面がパリパリになってきますが気にしません笑)

それからわらじを履いて餅踏みの儀式に入ります

 

ちなみになんですが、わらじ<草鞋>とは藁で編んだ、ぞうりに似た履物のことです

今回、このわらじは母作のものです

以前、餅踏みの時用に作ってくれていた布草履をわらじの代用として使用しました

この布草履、なかなか優秀なのでまた後日レビューしますね 😳 

 

 

いよいよ餅踏みです

まずは、布草履を履いて、、、と思ったのですがそもそも足の指が小さすぎで草履が入らないw

少し入ったとしてもすぐ抜け落ちましたw

なのでお餅への移動は草履が脱げないように,3人で抱えながらでした

あまり泣かない娘も何が嫌だったのか、餅踏みの時だけ号泣ww

気分をリフレッシュさせて何度か行いましたが、やはり餅踏みの時だけ号泣してました

それでも、無事メインの行事が1つ終わったので安心しました 😳 ほっ

 

2升もあるお餅は、おじいちゃんおばあちゃん達と分け合ってその夜に少し食べました

やはりその日についたお餅というのは柔らかくて美味しい 😉 

なかなか自分でお餅を作る機会はないけど、出来立てのお餅で娘の誕生日をお祝いできたことに感謝です

 

 

1歳の誕生日会はこの他にも、

カード(もの)選び

なんちゃってお寿司作り

スマッシュケーキ作り

をしました。

もちろんどれも初めてのことで、手探り状態でしたがなんとかやり終えホッとしてます

 

またお寿司作りとスマッシュケーキ作りは後日レビューしますね

スマッシュケーキはニコニコしながらたくさん食べてくれました^^

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

ユキ

女の子ベビーのママです/ 毎日の家事育児について情報を発信してます。

-Uncategorized

© 2024 y u k i LIFE Powered by AFFINGER5